うちのねこ の話

うちのねこ の話

わたしたち夫婦の紹介は昨日お話したので、今日は うちのねこ の話をします!

2匹の保護猫

うちの猫は2匹とも保護猫です。
大きいキジトラのちゃこは3歳(推定)の時、小さいキジシロのしずくは
生後1カ月くらいの時に保護をしました。

 うちのねこ 猫

2匹と過ごしてもう5年ほど。
今ではすっかり家ネコになった2匹は、野良猫の面影すらないですが、
私たち夫婦にとって、大切な家族です。

 うちのねこ 猫

ちゃことの出会い

私自身、もともとネコ好きだったというわけでもなく、
人生でネコと触れ合ったことも数えるほどでしたが、
公園に行くといつも甘えに来てくれるちゃこはとても癒しでした。
寒い夜に公園のベンチで数時間ちゃこを温めていた夜も(笑)

一人暮らしを始めるタイミングだったので、一緒に暮らせたら…とは
思っていましたが、正直ねこの飼い方なんてわからないし、
野良猫は懐かないんじゃないかとか、
他にもちゃこから癒しをもらっている人もいるだろうなとか、
外にいたほうがこの子は幸せなんじゃないかとか、
引っ越し直前まで心を決められないでいました。

そんなある日、ちゃこが住んでいた公園の近くで
ちゃこに似た色のネコが事故に遭い、
それを親から聞きつけた自分はすぐに現場に。

そこには血まみれで、苦しそうな様子のネコと
それを心配そうに見るネコ。
近くにいた人と一緒に病院に連れて行きましたが、
その時点で助かるかどうかは五分五分。
障害が残るかもと言われても「助かったら自分がひきとります!」
と勢いで伝え、とにかく助かることを祈りました。

数日後、病院から電話があり、「息をひきとりました」と
伝えられました。あんなにも残酷で、力が抜けて、
それでいて冷たい言葉を感じたのは初めてでした。

 うちのねこ 猫

 

 

 

 

 

 

それから、ちゃこを保護することに迷いは
ありませんでした。
もし保護しないでいて、同じような目に遭ったら。
自分の知らない間に事故にあって会えなくなってしまったら。

全力で幸せな暮らしをさせてあげようと誓い、
引っ越し当日に保護をしました。

しずくとの出会い

1月に引っ越して、しずくと出会ったのは6月でした。
帰り道脇の茂みの中から子猫の鳴き声がしていました。

気にはなったものの、いったん帰宅。
でも大きな道路も近いところだったので、心配になり、
もう一度見に行くことに。

同じように心配そうにしていた方と協力して、
保護をしました。

 うちのねこ 猫
保護初日のしずく

病院も閉まっている時間だったので、次の日連れていくことに。

ネットで「子猫 育て方」など色々と調べると、
“体温を落としたら死んでしまう”とか、
“2時間おきにミルクをあげる”とか、
心配になることが出てくる出てくる。
ペットボトルにお湯を入れて温めてあげたり、
ストローで吸ってミルクを上げたり、
ろくに眠れなかったのを覚えています
(結局、生後1カ月ぐらいだったのでそこまでする必要はありませんでした….)

いまの2匹

ここまでで、かなり長くなってしまったので…(ブログ初心者)
2匹がどんなネコかとかはまた記事にしていこうと思います。

とりあえず、出会いはこんな感じですが、
今は2匹とも幸せそうに?マイペースに暮らしております。

今思えば、初めての一人暮らしで、飼ったことないくせに
2匹もネコを飼い始めたなんて、とても無茶なことしてますが、
おかげで沢山の幸せをもらっています。

この子たちがいなかったら…って考えても想像つきませんね。

今後も2匹はよく登場すると思うので、よろしくお願いします。

 うちのねこ 猫


HAYATO

ゆるブログカテゴリの最新記事